2014年11月18日火曜日

2014年度ゼミ発表会、盛況のうちに終えました!


コミュニケーション学部の光岡です。


去る1115日、コミュニケーション学部のゼミ発表会が開催されました。私の拙い司会のなか、11ゼミ、13グループの発表を行いました。ゼミ発表会とは、年に一度コミュニケーション学部で開講されている各ゼミの受講生が、日頃の研究の成果を発表し、共有する場として昨年度から始まった行事です。


今年度の発表のテーマは、私たちが日常何気なく使っている「トイレ」をコミュニケーションの場として分析した本格的な研究発表から、漠然とイメージしがちな「東京」という都市を視覚的なイメージとして抽象化した作品まで多岐にわたり、コミュニケーション学部における研究の幅を感じることのできる会になりました。学生の皆さんの発表に刺激を受けながら、私自身ゼミ生と一緒に楽しみながら学べる場としてゼミを育てていかなければと思いを新たにした次第です。


今年度は次年度以降のゼミの選択を前にした1年生が多く参加していましたが、加えて学外から高校生の来場を頂いたのも2年目の嬉しいニュースでした。この会は、学内の関係者に限らず、広く学外に開かれています。オープンキャンパスや大学の広報媒体とはまた違った、コミュニケーション学部の日々の学びの様子が伝わる場になっていますので、来年度もまた幅広い方にご覧になって頂ける会になればと願っています。