2014年11月11日火曜日

6大学単位互換制度

コミュニケーション学は広範な学問領域から成っています。しかし、それを一大学でカバーするのは無理な話です。
そこで活躍するのが近隣大学のネットワーク、TACです。
TAC(多摩アカデミックコンソーシアム)は、武蔵野美術大学、国立音楽大学、津田塾大学、国際基督教大学、東京外国語大学、東経大の6大学から構成されています。
TACの活動の1つが単位互換です。これを利用すると、他大学で開講されている科目が受講でき、単位として認められます(授業料不要)。
デザインはコミュニケーション学の重要な構成要素ですし、楽譜は音を表現するメディアです。外国語はコミュニケーションの幅を広げてくれます。

今年の単位互換科目は以下表です。魅力的な科目が並んでいます。
http://www.tacnews.com/files/2014_TAC_kaikoukamoku.pdf