2015年10月1日木曜日

学部開設20周年記念シンポジウム 12/12

コミュニケーション学部開設20周年記念シンポジウムのお誘い

 東京経済大学コミュニケーション学部は、「コミュニケーション」を冠した国内初の学部として1995年に開設され、今年20周年を迎えます。これを記念して、シンポジウム『コミュニケーションの現在とこれから」を開催いたします。

 学部開設はちょうどインターネットの普及がはじまったころにあたり、それから20年、コミュニケーションのありようは大きく形を変えてきました。本学部も2015年度から「メディア」「企業」「グローバル」の3コースに再編成、社会をつくり出す基盤としてコミュニケーションを捉え、考え、実践する体制を整えています。

 今回、『コミュニケーションの現在とこれから』をテーマに、メディアやコミュニケーションの最前線に立たれる3人の方をお招きしてお話をうかがい、コミュニケーション学の課題と未来を探る機会にしたいと考えています。

 シンポジウムは、本学の前身である大倉商業学校の創立者大倉喜八郎のモットー、「進一層」にちなんで名付けられた「進一層館」で開催されます。館内では常設展示の傍らに、今回は学部20年間の歩みもご覧いただけるようにする予定です。皆さまのご来場を心よりお待ちいたしております。

東京経済大学コミュニケーション学部長 川浦康至
記念シンポジウム実行委員長 柴内康文

日時:2015年12月12日(土)14:00〜17:30(13:30 受付開始)
場所:大倉喜八郎 進一層館Forward Hall(旧図書館)1階ホール
テーマ:『コミュニケーションの現在とこれから』(参加無料)
登壇者:ドミニク・チェンさん、藤村厚夫さん、荻野NAO之さん

▶︎参加申込

0 件のコメント: