2012年11月11日日曜日

ときめきコミュニケーション


日曜日の東京新聞には、「ときめく心」というコーナーがあって、中学生たちの作った相聞歌(そうもんか)が紹介されています。記事の著者は、国語の先生の桔梗亜紀さん。

今週は「ありがとう 君に言われて シカトする 心の中は うれしさあふれる」(中2男子)

それに対する返歌が以下です。
「ありがとう 君に言ったが シカトされ 心の中に 何かが残る」(中2女子)
(桔梗亜紀さんの授業)

うーん、じーん。書き手を知っているのは桔梗先生だけ。
コメントをするのは野暮だね。

相聞歌とは短歌を使った交換ラブレター。字数が少ないから思いがぎっしり詰まっている。ツイッターは140字。短歌は31字。

0 件のコメント: