2019/03/26

2018年度 卒業式

2019年3月23日、卒業式が執り行われました。
2018年度のコミュニケーション学部卒業生は205名でした。

卒業式後に行われる学位記授与式では、PRプロフェッショナルプログラム修了証の授与や優秀卒業制作・卒業論文および最優秀卒業論文・卒業制作の表彰が行われました。

ちなみにPRプロフェッショナルプログラム修了証は、PRプロフェッショナルプログラムに所属し、所定の基準(PRプランナー補資格取得および社会調査士資格取得に必要な授業科目の単位を修得など)を満たした学生に授与しています。











最後は教員から卒業生への一言で締めくくりました。
卒業生の皆さん、卒業、おめでとうございます!



2019/03/19

佐々木教授がテレコム社会科学賞を受賞

 このたびコミュニケーション学部の佐々木裕一教授が電気通信普及財団のテレコム社会科学賞を受賞しました。おめでたいことです。今回は、この賞の概要と受賞のことばを寄稿してもらいました。

------------------
 『ソーシャルメディア四半世紀 情報資本主義に飲み込まれる時間とコンテンツ』(日本経済新聞出版社, 2018年)で第34回テレコム社会科学賞を受賞しました佐々木裕一です。

 この賞は電気通信普及財団という公益財団の設けた賞になります。社会科学部門とシステム技術部門があり、私が受賞したのは前者。テレコミュニケーションに関する研究で、経済学、経営学、社会学、政策学、法学のすべての中から選ばれるものですし、該当作品なしの年もあるので、絶対的水準で評価されるかつ伝統もあるなかなか重みのある賞です。

 ちなみに2年前に『ツイッターの心理学 情報環境と利用者行動』で同僚の北村智准教授と奨励賞をもらっていたのですが、その研究奨励を受けて、今回、最も良い賞に至ったという経緯があります。近々、帝国ホテルでの贈呈式と記念講演に臨みます。

 『ソーシャルメディア四半世紀』は、実務も踏まえた私の20年以上の多面的研究成果ですので、嬉しさもひとしお。実は、昨年6月の出版以来、ネット利用者からは「子どものスマホでのSNS利用に本気で目を配るようになった」、ネット実務家からは「この歴史を知っているのと知らないのとではとんでもない差」とか「気づきが多すぎるので線を引きながら2度読んだ」とか「編集機能のないメディアについて非常に考えさせられた」など、複数の観点からとても褒めてもらっていました。



 それに加えて今回、世のためになる優れた知見として学術界も唸らせることができ、してやったりという種類の嬉しさもあります。社会科学的な実務界と学術界の2つは読む本が違って分断されているため、両者のいずれにも読ませる作品に仕上げようというのは自分に課した課題の1つでもありましたので。日本でもエンジニアは工学の論文を読みますが、文系ビジネスマンは社会科学の学術的成果をあまり読まずに、いい加減な「成功事例」的な本を読んでいることが多いんですよね。

 さて、本書の内容に少しだけ触れると、情報技術によって作られる物理的環境が私たちのコミュニケーションのあり方や内容に少なからぬ影響をもたらすという仮説がこの研究の出発点でした。この物理的環境は「アーキテクチャ」と呼ばれますが、これを相手にする際、各ウェブサービスの持つ収益モデルも詳細に分析していく必要があるという着眼がこの本の特色になります。時代とともに変化していったアーキテクチャ/利用者/収益モデルの関係をインタビューデータをふんだんに引用し、マクロデータも参照しながら描き出しました。

 歴史を詳述した帰結は、「人間同士の、そして人間とコンピュータのコミュニケーションを今より低速化させ、ひとりひとりが内省の機会と深さを得られるような情報ネットワーク社会を設計すべき」というもの。つまり現状のアーキテクチャで展開されるコミュニケーションはかなりまずいという主張です。その「まずさ」に対処するためのいくつかのアイディアも本では素描しています。

『ソーシャルメディア四半世紀』(日本経済新聞出版社のページ)

 拙著の内容は、2019年度の「ソーシャルメディア論」で余すことなく話す予定ですので、関心のある学生はどうぞ履修して下さい。

 最後になりましたが、取材に応じて頂いたネットサービス経営者の方々、その他本書を世に出すにあたりご協力いただいた方々、そして日々よい刺激をもらっている学部の同僚にもこの場を借りまして御礼申し上げます。

2019/03/13

学問のミカタ 「コミュニケーション学」の海へ漕ぎだすために


コミュニケーション学部の光岡です。

このエッセイが公開される時期はもう3月も半ば。2019年度の大学入試も一段落し、高校3年生は新たなスタートに胸を躍らせ、高校12年生は、改めて進路を考えている時期かと思います。そこで今回の「学問のミカタ」では、今高校生、大学生が「コミュニケーション学ぶ意味」というテーマで進めたいと思います。

日本における「コミュニケーション学(部)」の二つの意味
 僕が働いている東京経済大学コミュニケーション学部(通称トケコム)は、1995年に日本で初めて「コミュニケーション学」を冠して創設されました。その歴史を振り返ると、イギリスの「Goldsmiths College, University of London」や、カナダの「Simon Fraser University」など英米圏のコミュニケーション学部を参考にしていたようです。両者はその最たるものですが、一般に英米圏おいて「コミュニケーション学(Communication Studies)」とは、例えばマスメディアの選挙報道が私たちの投票行動にいかに影響を与えているかや、通信機器が毎日持ち運べるガジェットになったことで日々の生活やビジネスがどう変わっていくのかといったテーマを扱う、社会科学(Social Sciences)の一領域だと考えられてきました。
 一方で日本では、「〇〇コミュニケーション学部」と言った場合には、社会科学に加えて、英語を中心とした外国語を基礎に、異文化について学ぶ人文学(Humanities)よりの学部が存在します。「異文化コミュニケーション学部」や「国際コミュニケーション学部」といった名称の学部がそうです。
 ですので、日本で「コミュニケーション学」を勉強してみたいと希望する際には、実際にはご自身が、マスメディアからスマートフォンにいたるメディアを介したコミュニケーションについて学びたいのか、むしろ言語能力を生かした対面コミュニケーションについて学びたいのかをじっくり考えて選択をする必要があります。

「コミュニケーション学」って役に立つの?
 トケコムは、伝統的に社会科学に強みを持っていますが、この「コミュニケーション学」、社会科学の他の領域―例えば、経済学や経営学、法学―に比して、将来の仕事に結びつきにくいように見えるかもしれません。なぜなら、一般企業に勤めるのであれば、経済学に関する一般的な知識も、基本的な経営の考え方も漠然と必要そうに見えるからです。
 ところがです。もう少しその具体的な業務の場面を想像してみましょう。1990年代からの30年を振り返ってみても、仕事の現場で利用される通信手段は大きく変わってきました。「電話とFax」の時代から「ポケベルとPC」、「携帯電話とノートPC」、そして「スマートフォン」へと。日々の仕事のテンポは等比級数的に加速し、それに伴って、組織のありかたやビジネスモデルが大きく変化していったのがこの30年です。実は、このような現代社会におけるメディアの変容を俯瞰的にとらえ、クリエイティブに使いこなすことで、仕事の現場でも柔軟に対応する力を養うのがコミュニケーション学です。
確かに、経済のマクロの動静を読む力や、経営組織の絶え間ない改善に取り組む能力は、経営者や管理職にとって必須の力でしょう。一方で、その前に皆さんが社会人として直面するのは、むしろ仕事の現場で異なる世代、文化的背景をもった仲間とチームでミッションを遂行する能力です。具体的には、皆さんは自分の親のような上司とも、今後急速に増える外国人労働者の同僚とチームを組んで仕事をしていくことになるので。したがって、世代や文化が異なれば、当然、慣れ親しんだメディアも、コミュニケーションの好みも異なり、このようなそれぞれに固有のコミュニケーションの「カタ」を調整する能力こそが、いまや就職活動でマジックワードになってしまった「コミュニケーション能力」の内実のはずです。

現代社会におけるジェネリックスキルとしての「コミュニケーション学」
 ゆえに、「コミュニケーション学」と聞くと、まずメディアや広告業界で働くための専門領域であったり、語学や異文化理解を元にしたホスピタリティ産業のための学問領域だと思ってしまうかもしれません。けれども、むしろコミュニケーション学とは、経済学や経営学と同じように、ほとんどの企業活動、または公的セクターにおいて求められる能力を育む領域です。今後も、仕事を支えるメディア環境の変化は早まることはあっても緩やかになることはないでしょう。だとすれば、日常生活の基底を成すコミュニケーション形式の変容に柔軟に対応しながら、円滑に仕事をこなしていく能力はさらに重要視されていくことになるはずです。その意味では、「コミュニケーション学」とは、固有の専門領域であると同時に、もはや現代社会におけるジェネリックな能力を育む土壌としての側面を持ち始めているのかもしれません。「コミュニケーション学」に関心を持った皆さん、トケコムはもちろん、数多くの大学やイベントに足を運んで、直接情報を集めて下さい。それ自体、「コミュニケーション学」の実践でもありますから。

【追記】トケコムでは、2016年度以降、アジア地域を中心に積極的に海外派遣プログラムを提供しています。ですので、メディアも国際性も、という欲張りなあなたにも向いている「コミュニケーション学」部です。

2019/02/12

企業と大学との懇談会

2019年1月24日(木)に開催された企業と大学との懇談会で佐々木さんが
「ソーシャルメディアのこれまで、これから」と題した講演を行いました。




著書「ソーシャルメディア四半世紀」に基づき、ソーシャルメディアのこれまでを振り返りながら、今後のリスクと希望を語りました。




ちなみに昨年の演者は大岩さんでした。


学生、保護者の就職への関心は当然ながら非常に高いので、企業の皆さんとのこうした懇談会は教員にとっても貴重な機会となりました。

2019/02/03

2018 年度 優秀卒業制作・卒業論文発表会

2019年2月1日に、2018 年度 優秀卒業制作・卒業論文発表会が行われました。

<優秀卒業制作・卒業論文発表>

① 赤羽 亮平・堀内 響(共同制作、指導教員:桜井 哲夫)
 職業 YOU TUBER ―動画投稿者

② 市川 勝栄(論文、指導教員:北山 聡)
 アニメ化する「少年ジャンプ」漫画作品の特徴

③ 鳥山 茉莉(論文、指導教員:阿部 弘樹)
 JavaScriptで作るゲームプログラミング

④ 小久保 京香(制作、指導教員:大榎 淳)
 「たらすぱ」(ZINE)

⑤ 里村 佳奏(論文、指導教員:松永 智子)
 なんのための歌舞伎雑誌—戦時期・占領期における『演劇界』(1943-)の分析から–

⑥ 鏡 潤樹(論文、指導教員:小山 健太)
 インターンシップの期間によるキャリア意識の差

⑦ 数馬 明奈(制作、指導教員:大岩 直人)
 卒業制作(旅行記):『れもねえどの創り方』

⑧ 荒川 遥香(論文、指導教員:駒橋 恵子)
パッケージデザインによる購買行動への影響に関する一考察

⑨ 滝沢 小百合(論文、指導教員:佐々木 裕一)
アンバサダーマーケティングにおけるインセンティブとしてのクーポンの有用性

以上の発表者の中から最優秀卒業制作・卒業論文賞が選ばれます。
なお、当日発表できなかった優秀賞は以下の通りです。

 ・松本 千裕 (論文、 指導教員:光岡 寿郎)
「不登校経験の開示と秘匿」

・チャン ハ ミエン (論文、 指導教員:西垣 通)
「日本におけるシェアリングエコノミーの可能性」

・蓮見 明彦 (論文、指導教員:池宮 正才)
「インターネットラジオについて考える」


2019/01/17

学問のミカタ 「学校スポーツのあり方について考える」


スポーツ・コーチング論担当の遠藤愛です。
今年度のゼミでは「甲子園という病」を課題図書として設定し、甲子園などを含む学校スポーツについて考えてきました。この書籍では、甲子園の連投を熱投、熱闘と讃え、美化する日本のメディアのあり方に疑問を呈し、アメリカではこうした過度な負担を児童虐待と捉える考えもあるといった指摘がありますが、甲子園を目指していた学生たちにとっては、これまで考えたこともなかった視点だったようです。

ゼミでのディスカッションでは、高校生活の全てを賭けてきた甲子園において、自分の体がだめになっても部の仲間のために投げ続けるという選択は当然だという意見もある一方で、こうした現状はおかしい、大会日程を調整すべき、投球数を制限するなどの意見も出ました。しかし、会場や日程を考えると、これらの策を実現するのはとても困難という意見も多数出ました。

実は、この本の内容に一番衝撃を受けたのは、クラブ育ちで個人スポーツしか知らない私だったかもしれません。常に自分のためにプレーすることを当然としてきた私の考え方からすると、自分ではなく仲間のために無理をしてでも投げるという “甲子園の常識”には驚かされました。私は、指導者が、選手に負担があることがわかっていながら、選手にプレー続行の可否を尋ねたり、プレーを続行させる判断を下すべきではないと考えているからです。

スポーツ選手は、試合中に過去、現在から未来を予測し、プレーします。スポーツを見る面白さは、選手たちが作り出す予測できない展開を見届けることにあるでしょう。そして、プレーする当事者としての面白さの一つは、未来を自分の手で作り出せることにあると思います。私も、一本、二本先の展開を予測し、そのために今打つショットを選択して組み立てていく面白さに夢中になりました。囲碁や将棋でも2手先、3手先を読んでさすと聞きますが、自分でゲームを創ることが勝負の醍醐味でもあり、勝負に負けるときは、相手の方が未来を組み立てる術、つまり技術・戦術において上回っていたともいえるでしょう。

では、指導者はどのような役割があるのか。
それは、他者、つまり選手の今、そして未来に向けて、選手の目標を達成するために導くことが仕事でしょう。選手の人生に関わるので、責任は重く、将来に悪影響を及ぼすリスクのあるプレーは避けさせるべきだという意見を学生たちに伝えました。

あるゼミ生は、「その考えはよく理解できる。でも、実際に自分が高校生活の全てを捧げてきた場所に立った時は、例えその後、2度とプレーできなくなるかもしれないと言われても、やっぱり自分はプレーしたい」と述べました。

今回の目的は、”これまでの自分の常識を疑い、客観的に考えること、自分と異なる意見を聞くこと、相手の意見を聞いた上で自分なりの考えをまとめていくことに取り組むこと”でした。他者とのやりとりを通して、自分がこれまで当たり前と考えてきたことに別の見方があることを知り、仲間の意見を聞いて、共に考えることができたのはよかったと思います。多様な観点から検討を加え、時間をかけながら自分にとっての正解を導き出すこと、これも大切な学びの一つだと考えています。

 

頭を捻って討論した後は、全員で運動会を行いました。しっぽ取り、綱引き、長縄、リレーとなかなかハードな種目が続きましたが、やっぱりスポーツは面白い!リハーサルの時は流していましたが、やっぱり勝負がかかるとみんな真剣になるんですよね。今年の1年間もマナゼミは良いゼミ生に恵まれました(遠藤愛)。


2019/01/07

22世紀恋愛論 安斎利洋

22世紀恋愛論

安斎利洋

 4月にコミュニケーション学部客員教授を拝命しました安斎です。すっかり時機を逸した挨拶もかねて、今日は「まれびと効果」についてご報告したいと思います。
 私が生まれ育った上板橋に、かつて教育大学(現筑波大学)の学生寮があり、われわれ悪童たちは部外者立ち入り禁止のその区画に侵入しては、ときおり出現する子供好きの寮生と仲良くなりました。彼らはときに野球の奥義を伝授してくれたり、いらなくなった参考書を、あたかも禁書のごとく授けてくれたりしたのでした。彼らはわれわれ悪童社会に異質なものたちをもたらしては去っていく客人(まれびと)でした。
 客員教授のお誘いを受けた時、「まれびと」の語を思い浮かべました。「客」として、そこに居続けないからこそ見える異質性を学生にもたらすよう要請されているのだと理解しました。
 たとえば大学にはそれぞれ学生の特色があり、ファッションも違えば見ているドラマの傾向も違います。大学は友人ネットワークですから、何がしたい何がほしいといった欲望を友人同士で同質化する培養器のように機能します。
 前期に担当した表現と批評「可能人類学」では、人間の社会、言語、科学に至るすべての文化は、たまたまそうなっている「偶有性」の結果であると仮定しました。どんな社会も培養器であり、植えつけられる種によって別のありようもあったのではないか、潜在的な人類の様態があるのではないか。
 可能人類学では、さまざまな思考実験を通して人間の別の様態を探っていきました。たとえば「触覚的自我」は、人類がもともと視覚をもたなかったら、どのような自画像を描くかという思考実験を、実際にアイマスクで視覚を閉ざし、つるつるの白い紙とざらざらの黒い紙を切って貼る作業で完成させます。他人がどう描いているか見えないので、十人十色ばらばらのスタイルをもった自画像群が仕上がっていきます。


滝口集(東経大コミュ2年)の作品 真ん中に空いた穴は心臓

 この講座「可能人類学」をしめくくる思考実験は「22世紀恋愛論」でした。ケータイのない1990年代の恋愛は、スマホのある今の恋愛とは異なります。一方で、千三百年前の万葉の相聞歌に現代人は感情移入できます。はたして百年後の恋愛はどうのようなものか、案外今と同じなのか、とんでもなく別物なのか。グループを何度も再編成しては議論を重ね、最終的に未来の恋愛ドラマのシナリオを個々人が書く、という課題でした。
 これが予想をはるかに裏切るすばらしい出来でした。誇張でなく本当に引きこまれる作品がいくつも生まれました。最終日には映画監督の木場明義氏が講評のうえ、次の3作品に賞が授与されました。

「maclay」森田英暉 SF賞
「VRなんて絵空事」伊藤匠 ストーリー賞
「ラブレター」三上拓成 ラブ賞


 さてこのワークショップのデザインに、まれびと効果を仕組みました。ここ10年私は武蔵野美術大学基礎デザイン学科で「オートポイエーシス論」を担当していて、この授業に「22世紀恋愛論」を引き継いでみたのでした。東経でのワークショップを下敷きに、リレーする形で議論を重ね、作品を制作しました。その結果をまとめたのが以下のページです。
 


 制作の専門性を目指すムサビの学生たちが、 VRChatなどを遊び尽くしている東経側の作品に影響を受けているのが印象的でした。なかでも面白かったのは、伊藤匠(コミュ2年男子)が書いたシナリオに感銘をうけたムサビ3年女子が、作品を書籍化する想定で表紙を描いたこと。その後シナリオ男子は、ムサビの授業に潜入して表紙女子に対面しました(その後このリアルドラマがどうなったのかは私の関知するところではありません)。



 そういえば先月、ユネスコ無形文化遺産として来訪神が登録されたニュースが飛び交いましたが、大学にもときどきまれびとが往来するといいですね。これからも、あまり威圧的ではない「なまはげ」を仕込んでいこうとあれこれ画策中です。