2019/11/14

「いいね!」に縛られない SNSとの付き合い方  【対談:佐々木教授×モデル・ラブリ氏】

「佐々木先生が、モデルと対談したらしい?!」

そんな噂を聞きつけ、件の対談が掲載された雑誌を手に取りました。

フランスのモード誌『Numéro』の日本版として2007年に創刊された国際志向のファッション誌で、ウィキペディアによれば、「中心読者層は世界中の流行に敏感な25歳から35歳のキャリアウーマン」。(年齢のみそこに該当する)私はおそらく(というのも、たまに行く美容院で触れたかどうかうる覚え)、初めて頁をめくりました。





なるほど、今号の特集は「いいね!がつなぐ未来」。SNSは未知の世界、想像以上の未来につながる可能性を与えてくれるけど、それは使い方次第。弊害も多いよね、というメッセージと問題意識がタイトルから伝わります。私たちはSNSとどう付き合うべきか?を議論するラインナップに、昨年『ソーシャルメディア四半世紀』を上梓されたトケコム教員の佐々木先生が登場するというわけです。

対談相手はモデル、タレントのラブリ氏。数十万のフォロワーを持つInstagramやTwitterで積極的に発信し、今年、SNSをテーマにした個展「"デジタル”と“私”の関係 どうやら私は数字らしい」を開催するなど、SNSなるものを、メタレベルで考察し実践する表現者です。Forbes JAPANが選ぶトップインフルエンサー50」にも選出されました。





対談のタイトルは「SNSとの付き合い方って?」(118−119頁)。
ラブリさんの語るSNS経験と、そこから導き出した「マイルール」に佐々木先生がコメントする流れで進む対談はコンパクトながら示唆に富み、日々SNSと付き合っているだろう学生の皆さんにも、ぜひ読んでもらいたい内容です。対談の末尾にまとめられたお二人の「マイルール」を引用します。

【ラブリさんのSNSルール】
1. SNSを自分の価値観の中心にしない
2. フォローは最低限に抑え、不要な情報源を整理する
3. 生身の人との交流を通してより良い情報収集を積極的に行う
4. SNSで発信するときは、伝えたい対象者について考える 
【佐々木先生のSNSルール】
1. すぐ手に取ってしまうスマホは、あえてすぐに手の届かないところにおく
2. 情報収集型かコミュニケーション型のSNSユーザーなのか自覚する
3. 情報の偏りを認識し、別の角度から物事を見つめる習慣を持つ
4. 実世界での体験を大切に。それを助ける道具としてスマホもSNSも使う

雑誌の特集では、対談した二人以外にも複数のオピニオンリーダー(インフルエンサーというべきか?)がSNSとの付き合い方について語っています。いいね!の数に振り回されず、SNSを創造的な未来へのツールとして使うためのポイントとして多くの人が語っているのは、「自分は何のためにSNSを使うのか」その目的を意識するべきということ。一方で、同じSNSでも、PCやタブレットで使用するのか、スマートフォンで触れるのかではその行為の意味や展開が異なってくるという、「メディアの違い」に踏み込んでいるのは佐々木先生だけでした。私もこの点が、何より重要だと思います。

本特集を担当した編集長の田中杏子氏は、巻頭の編集後記でこうコメントしています。

今号を通して気づいたことは、SNSを使う目的がクリアであるかどうか。SNSを主軸ではなくツールとして存在させ、その先には実際のフィジカルな行動や出会いにつなげられればさらに素晴らしいものになるということ。(20頁)

それは言い換えれば、「一旦、スマホを置いて」。「いま」に束縛され続けるスマホでの絶え間なき情報接触では、「未来」を想像・創造する余白がない。「過去」に向き合う余裕も生まれないでしょう。自分とて、気をつけないと。

私が後期に担当している「ジャーナリズム論」でも、「未来をつくるジャーナリズム」を主軸テーマとしています。久しぶりにファッション雑誌をパラパラとめくりながらヒントももらい、「知る喜び」に満ちた読書体験でした。佐々木先生、ありがとうございました。


2019/11/06

11月16日(土)ゼミ発表会プログラム

華やいだ葵祭も終わり、コミュニケーション学部では「卒業研究の追い込み」と「ゼミ選び」のシーズンとなりました。

締め切りまで一ヶ月を切り、4年生は論文の執筆や作品の制作に勤しんでいます。

1年生は、2年生から所属するゼミ(科目名は「演習」)選択が迫り、情報収集も佳境に入っている頃でしょう。

言語学から心理学、歴史、ジャーナリズムに社会調査、フィールドワーク、英語学習/教育、広報・広告、異文化マネジメント、観光、映像制作、表現、アート、音楽、ファッション、マンガ・アニメ、ネット・SNS・メディア研究などなど、トケコムには多彩なゼミがそろっています。

【コミュニケーション学部ゼミ紹介(Space2020より)】
 https://www.tku.ac.jp/department/seminar/communication.html

キャンパスの木々も彩り豊かになりつつあります。
秋はやっぱり、いいですね。

さて、来週末の16日(土、15:00-17:30)には、毎年恒例、学生によるゼミ発表会が開催予定です。

1年生にとってはゼミ選びの参考になるでしょうし、2、3年生にとっては普段の活動を発表する晴れ舞台です。一般公開もされていますので、皆さんどうぞお越しください。



時間
308教室(6号館3階)
F307(6号館3階)
15:0015:10
開会の挨拶
 
15:1515:30
【小山ゼミ】
異文化マネジメントの研究
【大榎ゼミ】
大榎ゼミの活動
15:3015:45
【駒橋ゼミ】
広報・PRのゼミで行ったこと
【小林ゼミ】
異文化のフィールドワーク
15:4516:00
【北村ゼミ】 
メディア利用行動の実証的研究:
北村ゼミの活動紹介と研究報告
【光岡ゼミ】
光岡先生から学ぶ光岡ゼミ講座
16:0016:15
休憩
16:1516:30
【北山ゼミ】
北山ゼミのゼミ発表
【山下ゼミ】
ようこそ山下ゼミへ                     (山下ゼミでやること)
16:3016:45
【佐々木ゼミ】
佐々木ゼミの紹介
【松永ゼミ】
松永ゼミに、一目惚れ 
:1616通りの「グローバル化社会」
16:4517:00
【田村ゼミ】
制作した映像の上映
【長谷川ゼミ】
外国人から見たリアルな日本
17:0017:15
【大岩ゼミ】
ひとと違うことを考えられるようになるために
【中村ゼミ】
海外ゼミ研修(釜山)紹介
17:2017:25
総括
 
17:30
懇親会(6号館7階中会議室1)



2019/11/01

コミ部Q&A【学園祭とオープンキャンパス】

葵祭が始まりました。おでん、焼きそば、いい匂い。
三日間の祭典中、明日明後日の11月2、3日はオープンキャンパスも開催されます。
葵祭中のOCは、現役学生のリアルな姿を垣間見ながら、教員スタッフに直接進学相談ができる絶好のチャンス。ぜひお越しください。


少しずつ、木の葉も色づいています。

美味しそうな匂いと、歓声と音楽と。


ついでながら、webで読めるコミ部Q&Aのページをご紹介します。


○2019年度 コミ部ワークショップ科目紹介、卒論・卒制タイトル、Q&A

 https://edu.career-tasu.jp/p/digital_pamph/frame.aspx?id=7521400-3-52

○2018年度 トケコムの就職状況
 大学HPより https://www.tku.ac.jp/career/career-data/list-08.html
   ブログ記事(2019年5月11日、佐々木裕一先生)より
      https://comtku.blogspot.com/2019/05/2018.html

○2013年8月7日投稿 ブログ記事(川浦康至先生、桜井哲夫先生)
 https://comtku.blogspot.com/2013/08/q.html
 以下、転載。
**************************************************************************************
Q コミ部では(そもそも)どのような勉強ができるのか。

A コミュニケーション能力を発展させるための基礎的および専門的勉強ができます。
 現在の就職活動で企業側から求められる第一の能力はコミュニケー ション能力です。社会生活の上で人と人との交流を維持する力、会議やミーティングでの複数の人へのプレゼンテーションの力、別組織の人への言葉やデータによる解説能力。現代の社会生活では、こうした能力が強く求められています。
 コミュニケーション学部では、そのための情報収集力、デジタルメディアを利用した資料の作成能力などを養うための講義とワークショップが開かれています。

Q (企業コースがあるが)経営学部流通マーケティング学科との違いは。

A 流通マーケティング学科は、あくまで流通業界におけるさまざまな情報や経営方法について勉強する学科です。それに対し、コミ部の企業コースは、企業内コミュケーションの活性化や企業間の相互情報の円滑化、情報サービスの開発なども考える専攻です。

Q 日芸などとの違いは。

A 日大芸術学部は、演劇や映画などの映像業界やデザイン業界などで活躍したいと考えている人が進学するところで、そのための専門スタッフもそろい、実技・制作が重視されています。他方、コミ部の卒業生は、サービス業界や自治体、テレビ番組制作会社、広告制作会社、広告代理店、金融業、メーカーなど、多様な職種に就職しています。そのことからもわかるように、最初から映像系専門職業人を育成することを目的とする学部ではありません。
 入学してからじっくり考えて、自分の最適な進路(制作系であれ、サービス業であれ、公務員であれ)を考えられる学部がコミ部です。

Q 制作系に興味がある、どんな勉強ができるのか。

A コミ部には、1995年の創設以来、メディア工房という制作のためのスタジオが完備されています。最新のMacが24台あり、最新の画像・ 映像編集ソフトウェアがインストールされています。デジタルビデオカメラも30台ほどあり、撮影機材もそろっています。合成映像撮影用ブルーバックの設備もあります。デジタル映像制作をするための機材がそろっています。私のゼミのように映像制作ゼミもあり、基礎的技術を学ぶためのワークショップも多数、開かれています。

Q TV業界に行きたい。

A いわゆる一般キー局は不況業種のため人員削減を行なっています。そのため、採用人員がきわめて少なく、数千人の希望者に対してごくわずかな採用枠しかありません。何百倍かの倍率で採用されるのは宝くじにあたるような確率となります。地方局のほうが就職可能性は高いですが、こちらも採用枠が少なく、就職は難しいと思います。コミ部でも地方のテレビ局のアナウンサーに採用された卒業生もいますが、そのときも採用枠はたった1名でした。現実的な選択は、番組制作会社に入ることでしょう。コミ部卒業生でも数十人が活躍しています。

回答者は桜井先生です。


**************************************************************************************


名物の銀杏の黄葉には、まだ早い。


2019/10/30

マスコミ就活イベント開催!

気持ちの良い秋晴れの空のもと、キャンパスは学園祭の準備で賑わっています。

さて、本ブログでもお知らせしておりましたが
今月11日(金)の晩、アルカディア市ヶ谷にて
葵マスコミ会主催の懇談会「東経大教員と卒業生が語るマスコミ就活」が開催されました。

当日の様子をコミ部2年生の学生記者が記事にしていますので
こちらでもご紹介します。


「2019年度 葵マスコミ会懇談会を開催」(2019.10.25.)
 https://www.tku.ac.jp/news/022434.html



松永ゼミからも三人の学生が参加しました。
そのうちの一人(2年生)が語ってくれた後日談。

電通、日テレ出身の先生方のお話も、webや広告業界で活躍する卒業生との懇談もすごく刺激的で、こんな貴重な機会を、二年生の今、体験できて本当によかったと思いました。実際に就活が始まるまでまだ一年以上あるので、この一年をどう過ごすかが大事になるんだなあと。目の前のことをなんとなくこなしていくのではなく、三年の時、四年の時どうなっていたいかを見据えて毎日を過ごしていきたいです。そんな風に心から思えた会でした。これからも、今回のような、外の世界を知るチャンスがあれば積極的に参加していきたいです。

先手必勝!とまでは言いませんが、若さと自由な時間をどう使うか、早めに意識して動ける人は人生も楽しくなると思います。「あんまり充実した会だったので、閉会後、ゼミ生三人で食べにいったラーメンもたまらなく美味しかったです!!」とのこと。彼の目の輝きが印象的でした。




思い出のラーメン、だそうです。

2019/10/17

海外が発見した谷口ジロー、鳥取で原画展【Manga×トケコム】

トケコムで「出版論」、「表現と批評」、雑誌作りのWSなどを担当する米澤伸弥客員教授。「雑誌が最も売れていた時代」の出版業界で幅広く活躍され、今春トケコムにお迎えしました。
米澤先生は、ドラマにもなった人気漫画『孤独のグルメ』の作画者として有名な漫画家、谷口ジロー(1947-2017)作品の翻訳・著作権管理も手がけられています。



谷口ジロー、そして米澤先生の故郷でもある鳥取市で、現在、原画展「谷口ジローの世界1」が開催中です。


10月20日のギャラリートーク(12日の予定が台風で延期)には、米澤先生も在廊されるとのこと。

・内 容 谷口ジロー作品の原画の魅力を解説
・日 時 10月20日(日)16:00~17:30
・出 演 イトウユウ氏
     (京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター・研究員)
・場所  ギャラリー鳥たちのいえ (鳥取市本町1丁目201 ミュトスビル)

ちなみに、谷口ジロー作品は20近い外国語に翻訳され、ヨーロッパ、アジアで出版されています。特に谷口作品が愛されているのがフランス。昨年、独仏共同のテレビ局arte(アルテ)が制作した旅番組「Le tendre Japon de Jiro Taniguchi」では、谷口自身のふるさとで、様々な作品の舞台にもなっている鳥取の街や風土が特集されました。同番組には、案内人の一人として、米澤先生も出演されています!

 https://www.arte.tv/fr/videos/086070-000-A/le-tendre-japon-de-jiro-taniguchi/

約13分の動画のなか、米澤先生は6分台、11分台に二度登場。
谷口ジローの漫画を片手に、舞台となった鳥取の「懐かしい場所」について語ります。

最後に、米澤先生より一言。

海外が発見した谷口ジローを日本人はまだまだ知らないし、また、アジアやヨーロッパの人が知らない谷口世界も残っています。漫画を超えた漫画、谷口ジローの世界を多くの人に味わってほしいと思います。

それでは米澤先生、行ってらっしゃいませ。
おみやげ話を楽しみにしています!