2014年5月30日金曜日

「自然に言い合える社会」

アクセシブル・ナビ

車いすOKの店 紹介サイト好調」(東京新聞2014/5/29夕刊)
掲載店が順調に増えているという。運営者は自身も車椅子を使う大塚訓平さん。「亡友との約束だった」という掲載数百店を達成。現在の登録店の目標は関東1千店。
ただ「数の目標そのものに、そんなに意味はない」とも。「必要なのは、段差が一つもない店や道ではない。お手伝いしましょう、手伝ってくれてありがとう、と自然に言い合える社会なんです」。亡き友と語り合った夢は、もっと大きい。(大野暢子)
システムやサービスに依存しない「自然に言い合える社会」。日本にもできてほしい。かつてはあったのかもしれないけど。