2014年5月30日金曜日

「日本マンガ論」から

桜井哲夫です。
火曜日1限の「日本マンガ論」の一部をご紹介します。

 近年、日本を代表する美術雑誌『芸術新潮』(1950年創刊、新潮社発行)で、3人の漫画家の特集が組まれています。それは誰でしょう。 以下の10名から選んで下さい。

 1. 手塚治虫 2. 藤子不二雄 3. 長谷川町子 4. さいとう・たかを 5. 水木しげる 6. やなせたかし 7. 大友克洋 8. 井上雄彦、9. つげ義春 10. 荒木飛呂彦

 みな、ほぼ有名人ですが、なかでも手塚、藤子、長谷川、水木しげる(ゲゲゲの鬼太郎)、やなせたかし(アンパンマンの作者)、大友克洋(AKIRAの作者)については漫画に興味ない人にも知られていると思います。

 他の4名について、若干補足しましょう。

「さいとう・たかを」は「ゴルゴ13」(40年以上連載されている)の作者。
井上雄彦は「スラムダンク」や「バガボンド」の作者。
つげ義春は「ガロ」系の寡作の作家だが、映画化作品が5本、TV映像化が13本もある。
荒木飛呂彦は「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ(発行部数7000万部)の作者。

さて、誰かな?

※正解はこちら。
2010年8月号2014年1月号2012年4月号